勉強へのモチベーションを上げる7つの方法

こんにちは。

 

験生から質問を募集していると、こんな内容をよく聞かれます。

『最近勉強にやる気が出ません。モチベーションの上げ方を教えて下さい。』

僕も受験生の時、勉強に対するモチベーションについては非常に悩みました。

今回は、そんな時の対処法について書いてみたいと思います。

 

様々なモチベーションの上げ方を紹介!

 

『合格したい』という気持ちを強く持っていても、勉強に集中できない時期がやってくるのは仕方ない事です。

僕も常に『絶対落ちてたまるか!』と思っていましたが、それでもモチベーションが中々上がらず机に向かうことが出来ない時期はありました。

こういう時期は本当に辛かった。

そんな時、僕がやっていた『7つのモチベーション向上方法』を紹介したいと思います。

 

一度勉強からキッパリ離れて遊んでみる

 

モチベーションが下がっていながらも、心の中では『勉強しなくちゃ...』と思っているものです。

そうした時に一番良くないのが、勉強もしないけど遊びもせず、グダグダとか机の上でスマホをイジったりとかする事

”一応机には向かっているけれども勉強はしない”となると、中途半端でメリハリがつかないんです。

それよりも、いっその事勉強からキッパリ離れてしまいましょう。

丸々1日使ってもいいので、勉強の事は一切忘れて遊び倒すのです。

そうする事で『昨日は遊びまくったし、頑張ろう!』とメリハリがつくので、やる気が入ります。

 

周囲に宣言をする

 

僕は、偏差値20台を取っていた時期から周囲の友達に『俺は早稲田に行くんだ!』と宣言していました。

当然ながらバカにされますが、それを奮起材料にして頑張れました。

結果を残さない限りはバカにされて当然です。悔しいけど仕方が無いんです。

しかし、逆に結果を残せば一気に評価されます。

正に勝てば官軍という事ですね。

遠いレベルの志望校を定めると中々周りに言いにくいものですが、それでも敢えて口に出す事によって自分を追い込んでみましょう。

 

合格体験記を読む

 

僕は志望校とは程遠い成績から逆転合格をしましたが、同じ様な経験をした先人達はネットを探せば沢山います

そういった方々の合格体験記を読むことはとても励ましになりましたし、『自分も頑張ろう!』という気持ちにさせてもらいました。

人によっては興味が無いかもしれませんが、効果がある人にはテキメンです。

ちなみに僕も書いてみたので、時間があればぜひ読んでみてください。 

 

受かった後の事を考える

 

志望校を定めるということは、少なからず”そこに行きたい理由”があるはずです。

その理由をもう一度しっかりと思い出してみましょう。

例えば『周りを見返したい!』とか『モテモテの大学生活送りたい!』とかでいいんです。

それなら、合格後に周りを見返していたり、モテモテになっている自分を想像しましょう。

そうすると、志望校を定めた時のやる気を再燃させる事ができます。 

 

とりあえず勉強を始めてみる

 

『やる気というのは、一番出しにくいのが何かを始める瞬間までで、いざ始めてみると自然と出てくる』といった旨の記事を読んだことがあります。

これはその通りです。

中々勉強を始められない時は、とりあえず最初だけ無理やり頑張って10分間勉強してみましょう。

そうすると、始める前にはダメだと思っていた状態でも意外とスムーズに集中モードに入る事ができたりします。

 

志望校を見に行く

 

僕は実家から早大までが電車で3〜4時間くらいの位置にあったので、気軽に行けるような距離ではありませんでした。

それでも、”本当にダメだな”と思った時は、親に頼んで1人で東京に行ったことが何回かあります。

なんてことない普通の授業日でも、その空気に触れると気持ちはかなり燃えます。

他と比べて気軽さは低いですが、オススメの方法です。

 

何か一つの科目に全力を注ぐ

 

人は、目に見える結果が出るとやる気が出ます。

そうなった時に”偏差値”という指標は大きな影響があります。

そこで使えるのが、とりあえず何か1つの科目に全力を注いで、その科目を一気に上げてみる方法。

複数科目に注ぐ力を1つに絞れば、結果が出るのは早くなりますからね。

そうして目に見える上昇結果出して、勉強の楽しさを感じましょう。

 

中途半端が1番良くない

 

以上、モチベーション向上のための7つの方法を書いてみました。

全体通して言えるのが、”メリハリが重要”という事です。

グダグダしてしまう気持ちもわかりますが、オンとオフのスイッチの切り替えを意識して、集中した学習が出来るようになりましょう!

広告を非表示にする