受験期間中の恋愛について

こんにちは。

 

格に向けて勉強以外の事は出来る限り考えたくない受験生にとって、『人間関係』は大きな悩みのタネになりがちです。

そんな人間関係の中でも、『恋愛』というのは受験界で賛否両論あるテーマです。

今回は、そんな”受験期の恋愛”について書いてみたいと思います。

 

メリットとデメリット

 

まずは、受験期間中の恋愛についてのメリットとデメリットについて触れてみます。

メリット
・モチベーションの向上に繋がる
・悩みを相談し合える
・単純に恋愛が幸せ

 

デメリット
・勉強以外の悩みが増える
・人によっては遊んでしまいがちになる
・受験終了後、片方が合格した時に気まずい

 

他にも色々あるかとは思いますが、主なものはこんなところでしょうか。

 

メリット

 

それでは、まずはメリットについて触れていきたいと思います。 

まず、受験期の恋愛はモチベーションの上昇に繋げる事が可能です。

「一緒に合格する為にお互い頑張ろう!」と切磋琢磨し合える関係になれれば、1人で孤独に勉強するよりも遥かに優れた相乗効果が生み出せるはず。

また、悩みを相談し合える信頼出来るパートナーの存在は、精神的に辛くなりがちな受験生活において大きな心の支えになります。

受験生活というのは孤独なものです。

特に、浪人生などは1日誰とも会話をしないなんて事も普通に有ります。

実際、僕は再受験の時は1週間くらい誰とも会話を交わさなかった期間がありました(笑)。

しかし、人はそう強いものでは有りません。

そんな時に支えとなってくれる人の存在は大きなものでしょう。

また、単純に恋愛を楽しめるというのもメリットと言えばメリットですよね(笑)。

 

デメリット

 

さて、デメリットは一体どんなものか?

まず、恋愛に関する悩みが出てくる事で、勉強の妨げになる可能性が有ります。

僕は常々述べていますが、受験生は受験以外の悩みを持つべきではないと考えています。

それは恋愛だけでなく人間関係全般にも言えますが、そういった悩みはサッと切り捨てる強い気持ちが大事です。

しかしながら、恋愛をしていれば色々な悩みも当然出てきてしまいます。

そんな事で無駄に悩んで集中の妨げになるくらいであれば、恋愛は避けるべきかもしれません。

また、受験期にも息抜きは重要だとは思いますが、遊びすぎもNGです。

恋人が出来たからと言って、浮かれて毎日の様に遊んでしまったりする事があれば、それは不合格への一途です。

きちんと自分を抑制出来る自信がある人のみ恋愛をするべきだとは思います。 

 

以上の事を踏まえて、個人的意見は...

 

さて、そんな恋愛に対しての個人的な意見としては、『賛成派』です。

マイナスの側面も沢山あるものの、それ以上に『モチベーションの向上』というプラスの効果が大きいと捉えます。

しかし、恋愛にのめり込み過ぎ無い様に自制が出来る自信が無い人にはオススメ出来ません。

正に”薬”みたいなもので、少し飲むくらいであれば身体に良いけれど、飲み過ぎると毒になってしまいます。

 

その辺に気をつけながら、恋愛で悩んでいる人はどうすれば良いか判断してもらえればと思います。

広告を非表示にする