【早大】それぞれの学部に抱く個人的なイメージ

こんにちは。

 

稲田大学には様々な学部があり、それぞれ特色が強いです。

それ故に、早大志望の人であれば自分が行きたい学部にどんな人がいるのかって気になりますよね。

今回は、僕が各学部に抱くイメージを簡単に書いていきたいと思います。

 

政治経済学部

 

僕が所属する学部がこちらの政治経済学部です。

看板学部と言われていますが、本人達も意外と意識しています(笑)。

ですが、全学部の中でも遊んでいる人が多いイメージです。

僕は入るまでは『政経なんてお堅い人ばかりなのかな〜』なんて思っていましたが、むしろ真逆でチャラチャラしている人も大勢います。

付属校出身の人が割と多いというのも理由の一つかもしれません。

そんな感じなのに、実は賢い人が多いこの学部が僕は大好きです。

 

法学部

 

法学部ですが、必修が多くクラスの人同士で仲良いイメージがあります。

また、法サーという法学部生が多く所属しているサークルがある為、やはり学部内で一番繋がりがあるのはこの学部かもしれません。

ローに行く人はあまり聞きません。

これはどこの大学の法学部でも一緒かと思いますが...。

 

商学部

 

遊んでいるイメージがつきやすい商学部。フランクな人は確かに多いです。

単位習得もそれ程大変そうでは無いと思っていたのですが、テスト前になると必死に勉強している商学部生の姿を多々目撃する事から、意外に難しいのかも...。

何より校舎が綺麗で羨ましいです。

今や早大本キャンを代表する校舎ですね。

 

社会科学部

 

数年前に夜間が完全に無くなり、最近人気が上がりつつある社会科学部。

単位習得の楽さは恐らく早大最強です。

これは社学生が皆言っているので、間違いないでしょう(笑)。

また、ギャルっぽい女の子が多いイメージもあります。ウハウハですね。

基本的に第二外国語の必修が無いので、学部内での繋がりは他比べて弱めです。

3年からゼミが始まりますが、そこの繋がりは強そうですけどね。

 

教育学部

 

教育学部といえば、真っ先に思いつくのが校舎のボロさ。

強い地震が来ればいつ倒壊してもおかしくない...そのくらいボロボロです。

また、僕が教育学部に持つ一番のイメージは、”可愛い子が多い!!”

特に英語英文学科などは、早大内で最も可愛い子の割合が高い学科なんじゃないか?なんて個人的に思っています。

芸能人なども多いので、バラエティ色強い学部ですね。

 

文・文化構想学部

 

早大生にこんな可愛い子いたの?と思うと大抵は文か文化構想学部です(笑)。

その位、早大内では最も華やかな空間と言えるでしょう。

とはいえ、村上春樹など早大の文学は昔から非常に有名です。

本気で文学者を志す人も沢山いるので、そういった人にはとてもオススメ出来る場所ですね。

 

まとめ

 

とりあえず本キャンと文学部系について書いてみました。

下らない内容ですが、勉強の箸休め程度に読んでみてください(笑)。

 

広告を非表示にする