【大学受験】過去問対策をする事に対しての異議を唱えてみる

こんにちは。

 

転合格というのは、普通の勉強をしていても不可能です。

現段階で周りより下な訳ですから、他と違った事をして差を縮めなければいけない。

そういう意味で、逆転合格をする人は『受験界の常識』を無視する必要があります。

今回はそんな『受験界の常識』である、”志望大学の過去問対策”について異議を唱えたいと思います。

 

ちょっと言い過ぎかもしれない...

 

僕自身逆転合格を目指す立場だったので、受験界で当たり前とされる事に常に疑いを持ち、自分に適するかどうかを考えながら勉強していました。

その為、『常識に囚われない』勉強法を沢山しました。

そんな中でも、今回の『過去問対策への異議』というテーマは少し過剰過ぎる部分があるのでは無いかと自分でも感じます。

というのも、この考えが本当に正しいかどうかが自分でも確信を持てないのも事実なんです。

ですので、今回は話半分くらいで聞いてもらえればと思います。

 

僕は過去問対策をしなかった

 

さて、こんな事を書くくらいですから、僕はほとんど過去問対策というものをしませんでした。

しかし、それは”過去問を解かなかった”という意味では無いので、誤解を生まぬように説明します。

 

まず、センター試験についてはバリバリ過去問を解きました。

しかしながら、それは対策という意味においてでは無く、”センター試験は良問”と感じていたので問題演習材料として使っていたのです。

だから、例えば『センター英語は第◯問から解く』とかいったテクニックみたいな事は全く知らないし意識したこともありませんし、”問題演習材料”として使えないと感じた部分はほとんど解いていません(例えば英語なら第1〜5問とか)。

そして、次にMARCHレベルに関して。

早慶受験者は滑り止めとしてMARCHを受ける事が多いですが、僕は1度も過去問を解かずに試験に臨みました。

一応前日の夜に形式を10分くらいでパラパラとは見ましたが、殆どぶっつけ本番です。

それでも、全て合格しています。

 

そして、最後に早大に関してです。

第一志望としてずっと掲げていた本丸ですが、早大ですら対策らしいものを殆どした記憶がありません

確かに、『早稲田の英語』『早稲田の国語』といった感じの様々な学部の過去問を断片的にまとめた参考書は使っていました。

しかし、これもセンターに対しての考えと同様に、『良い問題集』としての意識で使っていただけであって、傾向とか対策は全く考えていませんでした。

その為、『早大の◯◯学部はこんな傾向で〜』といった話はあまりできません(笑)。

実際、赤本を持ち出し、制限時間を決めてしっかりと過去問を解いた事は殆どありませんし、現在僕が通っている政治経済学部ですら1〜2年分見たかな?という程度です。

学部によっては、全く解かないで受けたところすらあります。

 

とまあこんな感じで、世で言われている『過去問対策』なるものに僕は殆ど興味がありませんでした。

 

その理由

 

それでは、なぜ”過去問対策”をやらなかったのか?

本音を言うと、1番大きな理由は『面倒だったから』です(笑)。

90分くらいの時間をかけ、問題を本気で解くという作業は非常に疲れますからね...。

まあ、さすがにこれは不純な理由なのですが、しっかりとした理由を述べるとすると、僕は『対策云々する時間があったら、地力をつけた方が良い』という考えなんです。 

 

色々な記事で何度も言う様に、僕は『効率的な勉強』にトコトン拘っていました。

如何に少ない勉強時間で成績を伸ばすか。

それを考えた時、”過去問対策”よりも、それをやる代わりに”地力をつける”方が良いと感じたのです。

 

過去問対策自体は悪い事ではない

 

というわけで、僕が過去問対策をやらなかった理由は『過去問対策は意味が無い』という考えからではなく、『他にもっとやるべき事がある』という考えから、と分かって頂けたでしょうか?

過去問対策をやる事はなんら問題ありません。

というか、むしろしておいた方が良いに決まってますよね(笑)。

 

ただ、効率の良い勉強というのは『適材適所』に成功させる事です。

巷でよく言われる『志望校を決めたらまずは過去問を解いて、それに向けて道筋を定める』みたいな行為は無駄としか思えません。

レベルに合わせた勉強をしないのは愚行ですからね。

早大レベルの問題を解くなら、偏差値65くらいになるまでは赤本に触れる必要すら無いと思います。

 

志望校を決めたらどんな勉強をすれば良いか気になってしまうのも確かです。

しかし、ある程度の実力をつけるまでは他にもっとやるべき事があります。

対策に拘りすぎず、どんな問題に対応できる”地力”をつけましょう、という話でした。

広告を非表示にする