現役早大生の英単語暗記法

こんにちは。

 

単語の暗記が好きな人は中々いません。

早慶レベルとなると、基礎単語も含めてトータル6000単語が必要と言われていますが、これだけの数の単語を覚えるのは非常に辛い作業です。

しかしながら、英単語を覚える事は英語を読むにあたって基本中の基本です。

 

”辛いけどやらなければいけない単語暗記”

これを効率的に進める方法を、今回はまとめてみました。

 

  • 書くより見る
  • 音読は最強
  • 丁寧に10個よりも、雑に100個
  • 復習の重要性
  • 作業をゲームと感じる

 

僕自身、英単語を覚えるのは本当に嫌いでした。

それ故に”効率的な覚え方”を心がけようと必死になっていました。

そこで、今回は僕が英単語を覚える際に心がけていた重要なテーマを5つまとめてみました。

それらについて、言及していきます。

 

書くより見る

 

英単語を覚える際に、ノートに書き殴って覚える人がいます。

時には、行に合わせて丁寧な文字で美しいアートの様な文字の羅列を描く人も...。

これは非常にナンセンスです。

後述しますが、英単語を覚える際の最大のコツは何回も繰り返して覚える事です。

その際に、書くという行為は時間のロスが大きすぎます。

もしも貴方が1つずつ丁寧に単語を書いて覚えているとしたら、僕はその時間で5倍以上

の単語を覚える自信があります。

効率の良い勉強とは、いかに少ない時間で効果を上げるかという事です。

基本的には書いて覚えず、どうしても覚えられない単語があった時だけ重点的に書いて覚えるくらいにしましょう。

 

音読は最強

 

書かずに見る、その際に音読をする事は非常に大きな暗記の手助けとなります。

僕は以前、音読学習の重要性を記事にしました。 

 

英単語にも音読はとても有効です。

僕は

1.英単語を発音→2.和訳も声に出して読む

という流れを主にしていました。

その際に重要なのは、キチンとした発音で英語を読み上げる事です。

最初は発音記号などを見てもよくわからないかもしれませんが、英語の学習を進めて行くと意外と理解出来る様になります。

僕は発音記号についての勉強なんて一切しませんでしたし、CDを使うことも殆どありませんでしたが、普通に読めるようになりました。

 

最初は上手くいかない事も、慣れてくるとスムーズになるものです。

とにかく量をこなしてやってみましょう。

 

丁寧に10個よりも、雑に100個

 

雑は良くない表現かもしれませんが、要は1回に時間をかけずに、短い時間でその分何回も回す方が記憶に定着しやすいという事です。

1回見ただけで完全に記憶できる天才なら良いですが、普通はそんな事不可能です。

時間をかけてじっくりと10個の単語を覚えたとしても、1ヵ月後には殆ど忘れてしまいます。

 

そこで、僕は英単語帳に収録されている単語数が2000だとしたら、1日で200単語くらいを回して10日間で1周するくらいのペースを理想としていました。

勿論、その200単語を覚える際にもそんなに時間をかける必要はありません。

というか、他の勉強もありますし時間はかけられません。

具体的には、1単語につき10秒で回し、30分くらいで200単語終わらせる事を最初の目標として設定しましょう。

間違いなく、初めは上手くいきません。

何度も書きますが、量をこなして慣れてくるとどんどんペースが上がってきます。

また、『完全に覚えたな』と思った単語にはチェックをつけて、次回は飛ばして行きましょう。

そうしている内に、1周するスピードは確実に速くなっていきます。

 

復習の重要性

 

1日200単語・10日で2000単語終わらせると書きましたが、『最も効率的なのは前日やった分を翌日復習する』だと実は思っています。

単語によっては10日経つと完全に忘れてしまい、ほぼ1から覚え直す状態になってしまう可能性がありますが、翌日でしたらうっすら記憶に残っている場合が多いです。

ですので、最高の効率化を目指すなら

1-初日に100単語進める

2-翌日は、前日やった100単語+新たな100単語

3-3日目は2日目に新たにやった100単語+新たな100単語

 

といった具合に、『毎日新しい単語を100・前日の復習として100の計200単語ずつ』覚える事が最も効率的かつ記憶に定着しやすいと僕は感じました。

どの教科にも言えますが、前日やった内容の復習は非常に効果を発揮します。

意識してやってみましょう。

 

作業をゲームだと感じる

 

これは少し余談的な感じになってしまいますが、ホリエモンの通り名で有名な堀江貴文氏は、半年の受験勉強で東大に合格したと各所で述べています。

その際、5−6割だったセンター英語を9割まで上げた方法として、『英単語帳を隅から隅まで丸暗記した』そうです。

 

普通じゃ中々出来なそうなこの荒業ですが、その際のコツとして『英単語を覚える作業をゲーム感覚に捉えていた』と聞きました。

何でも、暗記という作業を辛いものと考えずに、ゲームを楽しむ様な感覚で捉えていたとか。

口では言えても実際にそれを実行するのは非常に難しいですが、こういう考え方は退屈な勉強をする際に重要だと思うので、参考にしてもらえればと思います。

 

地道な努力の必要性

 

『学問に王道無し』という言葉がありますが、正に単語などは最たる例だと思います。

どんなに良い成績を残している人でも、こういった地道な作業を経験した上での結果です。

何度も反復を繰り返して、体で覚えさせましょう。

広告を非表示にする