【英語長文】和訳を見ても、文章の意味が理解できない現象について

こんにちは。

 

先日、こんな相談を受けました。

『英語を読んでいて、構造や単語の意味がわかっても文章の内容が頭に入ってこない事がある。

そして、日本語訳を読んでもその文章の言いたいことがわからない時もある。』

 

これを聞いた時「あー俺もあったなー!」と思うと同時に、この事が悩みな受験生って結構いるんじゃないかな?と思い記事にしてみることにしました。

 

その原因は?

 

和訳を読んでも意味が理解できない、この現象が起きるのは「専門的知識」を使った文章のケースが多いです。

例えば『英語 論文 生命倫理 和訳』とかってググってみてください。

海外の権威ある方々の小難しい論文の日本語訳を見ることができます。

はっきり言って、理解できない内容ばかりです。

そりゃそうですよね。こんな専門分野の文章は日本語で書かれていても理解しにくいです。

しかも、得てしてこういう文章が大学受験では多く出題されるんですよね。

 

対策は?

 

それでは、そういう問題に対してどういった対策を取ればいいのか。

これに関して、大学受験に頻出するテーマは少し知識をつけとくと良いなんて話を聞きます。

だけど、僕はそういった事は一切やりませんでした。

そういったミミっちい行為はせずとも、沢山の長文を読めば大体「あーこのテーマ前に見たことあるなー」という風になり、読めるようになってきます

 

だから、こういった現象に悩んでいる人がいたら、現段階では理解できないのは仕方ないと割り切って、気にせずにとにかく多くの長文演習をしましょう。

そうしている内に、自然と読めるようになってくるもんなんです。

 

英文なんだから、英語で理解するのが最善

 

また、こんな話を聞いたことがあります。

『英文は英語なんだから、日本語訳しても理解しにくい事だってある。英語は英語のまま理解するものだ。』と。

これ、意味わかりますか?

 

英語を勉強したての人は、英文を見た時に

①構造を把握する

②日本語訳する

という順序でその文章を理解していると思います。

 

しかし、英語がある程度できるようになると、構造を把握・日本語訳するとかそういったことじゃなくて、直接英語を英語のまま理解できるようになるんです。

説明下手で申し訳ないのですが...何となく理解してもらえると嬉しいです。

 

この段階まで行くと、読むスピードも上がるし、文章の意味の理解度も遥かに高まります。

どうすればこの段階になれるの?というと、それはとにかく沢山の英文を読むしかないです。言語ですからね。近道はありません。

 

『読んだ量だけできるようになる』

この考えをモットーに、英語は頑張ってほしいと思います!

広告を非表示にする