受験における、参考書選びのコツ

現代の大学受験において、「高校」の及ぼす影響は非常に低下しているでしょう。

なぜなら「予備校」「参考書」の質が著しい伸びを見せているから。

 

予備校にも行かず、市販の参考書も買うこと無く、学校の授業だけで難関大に挑むというのは、一部の超進学校を除いて有り得ないと断言できます。

 

それ故に、予備校と参考書の選択は、その人の受験結果に大いに直結します。

今回は、そんな2点の内の「参考書」を選ぶ際のコツを書いてみます。

 

参考書マニアは落ちる?

 

「色々な本に手を出すより、1冊をやり通した方が良い!」

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

 

一般的に、色々な参考書に手を出す、所謂「参考書マニア」になる事は、良い結果をもたらさないと言われています。

 

これに関しては、僕も概ね同意します。

しかし、これはあくまで「自分に合った良書に出会えた場合」にのみ適用する話です。

自分に合っていない参考書を「色々手を出すのは良くない」と言い、見切りをつけられずだらだらと続けるのは本当に愚行です

つまり、自分に合う参考書に出会うまでの段階では、むしろマニアの様になるべきなのです。

 

選ぶ段階では参考書マニアになれ!

 

僕自身は「参考書マニア」だったと思っています。

例えば、英単語本だけで10冊近く色々と買い漁りましたし、10ページくらいやって「あ、これ合わないわ」と思ってほぼ新品のまま放置されている本もたくさんあります。

しかし、そのおかげで最終的には「自分に合った参考書」に出会うことができ、それは即ち「効率的な勉強」に繋がっていたことは間違いありません。

 

僕の家庭は裕福なわけでもなく、本当に普通に一般家庭でした。

両親共大学は出ておらず、工業高校出身です。

しかし、僕はスタート地点が酷いレベルだったので、そこから短期間で伸ばす為には多少のお金がかかっても色々試す必要がありました。

 

そもそも参考書なんて1冊1000円くらいで、10冊買っても1万円。100冊買っても10万円。

これで偏差値40台から早慶に合格できるなら、安いものだと思いませんか?

中途半端に親に気を使うよりも、最終的に受験で結果を出すほうがよっぽど親に対する恩返しだと考えていたので、そこら辺は理解してもらうように努力していました。

また、買わずとも迷惑にならない程度に本屋さんで立ち読みする等でも良いと思います。

 

とにかく、参考書を選ぶ段階では時間をかけてでも「自分に合ったものを見つける」事は非常に大事です。

それでは、自分に合った参考書とはどういったものかを書いていきたいと思います。

  

内容よりも、直感を重視しよう

 

さて、自分に合った参考書はどうに見つければ良いのか?

まず、ネットで調べる事は非常に重要です。

一般的にネットで良書と言われるものは、ほとんど内容的には優れたものばかりです。

しかし、問題なのはそこから。

効率的な勉強の為には、数多ある良書の中から、自分に合ったものを見つけだす必要があります。

 

その際、最も重要なポイントは「パラパラと読んだ時の直感的な読みやすさ」です。

上にも書きましたが、基本的にはネットで評価を得る本は内容的には良いものばかりです。

そこで差が出るのが「自分がやっていて楽しいかどうか」という点です。

 

例えば、「あ、この本カラーだから読みやすいな〜」とか「この本は絵が沢山書かれているから面白い!」とかそういうレベルでいいんです。

パラパラと見た時に、そういった直感的な読みやすさを感じる本は、即ち貴方に合った本と言えます。

内容が同じなら、いかに勉強に対してポジティブな気持ちにさせてくれるかどうかが重要なのです。

 

なので、僕は色々な参考書を買い漁り、少し読んでダメと感じたらスパッと見切りをつけていました。

そうしている内に、本当に自分の相棒と言える参考書に出会えるのです。

 

皆さんも、参考書選びは妥協せずにきっちりと精査しましょう!

 

広告を非表示にする